目次

STEP2からは、文の要素に着目して勉強していきます。
STEP1が土台になるので、STEP2で学習する前にしっかり復習しておいてくださいね!

1.文の要素に着目する前に、品詞について知ろう!
2.動詞に着目してみよう!
3.主語と目的語などに着目してみよう!


文の要素に着目する前に、品詞について知ろう!

つぎの2つの文を見比べてみてください。

(ア)彼は野球をしている。
(イ)彼は野球をした。

(ア)は、今の話ですね。
(イ)は、過去の話ですね。
2つの文の意味はちがいます。

さて、文の要素をみてみます。

まずは、(ア)。

主語 目的語 動詞
彼は 野球を している

つぎに、(イ)。

主語 目的語 動詞
彼は 野球を した

動詞の形だけがちがいますよね。
つまり、動詞の形が変われば、文の意味も変わります。

動詞だけではありません。
つぎの2つの文を見比べてみてください。

(ア)彼は、1個のりんごを買った。
(イ)彼は、たくさんのりんごを買った。

(ア)では、買ったのはりんご1個です。
(イ)では、たくさんのりんごを買いました。
2つの文の意味はちがいますね。

さて、文の要素をみてみます。

まずは、(ア)。

主語 目的語 動詞
彼は 1個のりんごを 買った

つぎに、(イ)。

主語 目的語 動詞
彼は たくさんのりんごを 買った

目的語の形だけがちがいますね(目的語以外はまったく同じです)。
目的語の形を変えれば、2つの文の意味も変わります。

このように文の要素の形が変われば、文の意味も変わります。

では、文の要素の形をどのように変えれば、どのような意味になるのでしょうか。
STEP2では、一番かんたんなパターンを勉強していきます。

その前に文の要素と品詞の関係について学習します。
品詞のことを知らないと「何を勉強しているんだろう?」となるためです。

文の要素と品詞

スポンサード リンク


動詞に着目してみよう!

以下のように動詞の形を変えます。
文の意味も変わりますね。

(ア)私はテニスをする
→(ウ)彼はテニスをしている
→「する」が「している」の形に変わっている!

主語 目的語 動詞
彼は テニスを している
→ここの形が変わっている!

動詞をどのように変えれば、どのような意味になるのかなどについて学習します。

三人称単数現在
現在進行形
過去形
助動詞

時制についてのまとめもあります。

時制のまとめ

主語と目的語などに着目してみよう!

主語と目的語に注目してください。

(ア)私は彼を見た。

以下ですね。

主語 目的語 動詞
私は 彼を 見た

「私は」「彼を」はどのように英語になおせばいいのでしょうか。
つぎのレッスンで学習します。

代名詞

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る