目次

STEP1では、文の骨格について勉強します。
ここがSTEP2以降の土台になるので、しっかりと学習してくださいね!

1.文のパーツ(部品)について勉強します!
2.文のパーツ(部品)をどのように組み立てるのかを学びます!
3.たったこれだけで、もう英語が書ける!


文のパーツ(部品)について勉強します!

車は、さまざまな「パーツ(部品)」からできていますが、それと同じです。
文も、さまざまなパーツからできています。
具体的には、つぎの4つです(「文の要素」と呼ばれています)。
STEP1では、文はどのようなパーツ(部品)からできているのかを学習します。
しっかり理解しましょう!

主語
目的語
動詞
補語

スポンサード リンク


文のパーツ(部品)をどのように組み立てるのかを学びます!

パーツ(部品)を組み立てると車ができるのと同じです。
パーツ(部品)である、文の要素を並べると文になります。
ただ、並べ方が決まっています。

(例)
わたしは(主語)、テレビを(目的語)、見る(動詞)
→主語、目的語、動詞は、文のパーツ(部品)
→主語、目的語、動詞の順に並んでいる
→これらを、たとえば「見る(動詞)」「テレビを(目的語」「わたしは(主語)」と並べるとおかしな日本語になる
→主語、目的語、動詞の並べかたは決まっている!(日本語はあやふやなので、必ずしも順番が決まっているわけではありません。が、英語では決まっています)

STEP1では、文の要素をどのように並べればいいのか、「文型」について学習します。

文型は5種類!まずは日本語で考えよう!
第一文型
第二文型
第三文型

ここがわからないと英語が理解できないので、しっかりと学習してくださいね!

たったこれだけで、もう英語が書ける!

今までのレッスンをしっかり学習すれば、もう簡単な英作文ができるようになります。

「嘘でしょ?」

そう思うのならば、当サイトで学習してみてください!

簡単な英作文

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る