目次

このレッスンでは、英語の土台になる「文型」について学習します。まずは日本語で理解を深めます。

1.文型は5種類!まずは日本語で考えよう!
2.第一文型は「主語+動詞」(日本語)
3.第二文型は「主語+=+補語」(日本語)
4.第三文型は「主語+目的語+動詞」(日本語)
5.第四文型は「主語+目的語1+目的語2+動詞」(日本語)
6.第五文型は「主語+目的語+補語+動詞」(日本語)
7.5つの文型をしっかり覚えよう!
8.文型の練習問題
9.文型の練習問題の解答

※当サイトでは、たとえば「主部」を「主語」などとしています。正確には違いますし、国文法(国語の文法)とはちがうところもありますが、わかりやすくするために「敢えて」このようにしているので、あらかじめ、ご了承ください。

スポンサード リンク


文型は5種類!まずは日本語で考えよう!

今まで「主語」「動詞」「目的語」「補語」について学習してきました。
なぜ勉強してきたのでしょうか。

それは文型を学習するためです。
文型は、英語でもっとも重要なところといっても過言ではありません。
そこで、しっかり理解できるようにするため、「主語」「動詞」「目的語」「補語」について学習してたわけです。

というわけで、ここでは文型を学習します!
しっかり読んで、完全に理解しましょう。


しっかり理解するためにも、「補語って、何だっけ?」などと、少しでも不安があれば前のレッスンに戻りましょう!


第一文型は「主語+動詞」(日本語)

例題を解いてみましょう!

例題1

「彼は走っている。」から、主語、動詞、目的語、補語を見つけてください。

今までのレッスンでしっかり勉強していればわかりますよね。

主語 動詞
彼は 走っている

「主語+動詞」の形になっています。
「主語+動詞」の形になっている文のことを、英語では第一文型の文といいます。

スポンサード リンク


第二文型は「主語+=+補語」(日本語)

例題を解いてみましょう!

例題2

「彼は先生です。」から、主語、動詞、目的語、補語を見つけてください。

今までのレッスンでしっかり勉強していればわかりますよね。

主語 補語
彼は 先生

主語と補語には「=」の関係があったので、当サイトではつぎのようにします。

主語 補語
彼は 先生

「主語+=+補語」の形になっています。
このように「主語」と「補語」からできている文を、英語では第二文型の文といいます。

ちなみに、第二文型は、英語では「主語+(be)動詞+補語」の語順になります。これについては今後学習するので、今は「主語と補語からできている文を第二文型の文というんだ」くらいの理解で構いません。


余裕があれば、日本語では「主語+=+補語」の語順、英語では「主語+be動詞+補語」の語順になると覚えておくといいでしょう(どういうことなのかや、be動詞とは何かについては、後のレッスンで詳しく説明します)。


第三文型は「主語+目的語+動詞」!

例題を解いてみましょう!

例題3

「彼女はテニスをしています。」から、主語、動詞、目的語、補語を見つけてください。

今までのレッスンでしっかり勉強していればわかりますよね。

主語 目的語 動詞
彼は テニスを しています

「主語+目的語+動詞」の形になっています。
このように「主語」「目的語」「動詞」からできている文を、英語では第三文型の文といいます。

ちなみに、第三文型の文は、英語では「主語+動詞+目的語」の語順になります。これについては今後学習するので、今は「主語、動詞、目的語からできている文を第三文型の文というんだ」くらいの理解で構いません。


余裕があれば、日本語では「主語+目的語+動詞」の語順、英語では「主語+動詞+動詞」の語順になると覚えておくといいでしょう(どういうことなのかは、後のレッスンで詳しく学習します)。


第四文型は「主語+目的語1+目的語2+動詞」!

例題を解いてみましょう!

例題4

「彼女は妹に本をあげた。」から、主語、動詞、目的語、補語を見つけてください。

今までのレッスンでしっかり勉強していても、わからなかったかもしれません。
一緒に考えてみましょう。

「誰が」妹に本をあげたのだと思いますか。
「彼女」ですね。
よって、「彼女は」は主語です。

彼女は「誰に」本をあげたのだと思いますか。
「妹」ですね。
よって、「妹」は目的語です。

彼女は妹に「何を」あげたのだと思いますか。
「本を」ですね。
よって、「本を」は目的語です。

彼女は妹に本を「どうした」のだと思いますか。
「あげた」のですね。
よって、「あげた」は動詞です。

この文には目的語が2つありますね!

主語 目的語1 目的語2 動詞
彼女は 妹に 本を あげた

この文は「主語+目的語1+目的語2+動詞」の形になっています。
このように「主語」「目的語2つ」「動詞」からできている文を、英語では第四文型の文といいます。

ちなみに、第四文型の文は、英語では「主語+動詞+目的語1+目的語2」の語順になります。これについては今後学習するので、今は「主語、動詞、目的語2つからできている文を第四文型の文というんだ」くらいの理解で構いません。

第五文型は「主語+目的語+補語+動詞」!

例題を解いてみましょう!

例題5

「彼女は彼を幸せにした。」から、主語、動詞、目的語、補語を見つけてください。

今までのレッスンでしっかり勉強していても、わからないと思います。
今後、しっかり学習するので、ここでは結論だけを紹介します。

主語 目的語 補語 動詞
彼女は 彼を 幸せに した

この文は「主語+目的語+補語+動詞」の形になっています。
このように「主語」「目的語」「補語」「動詞」からできている文を、英語では第五文型の文といいます。

ちなみに、第五文型の文は、英語では「主語+動詞+目的語+補語」の語順になります。これについては今後学習するので、今は「主語、動詞、目的語、補語からできている文を第五文型の文というんだ」くらいの理解で構いません。

5つの文型をしっかり覚えよう!

まとめます。

<日本語>
・第一文型:主語+動詞
・第二文型:主語+補語
・第三文型:主語+目的語+動詞
・第四文型:主語+目的語1+目的語2+動詞
・第五文型:主語+目的語+補語+動詞

<英語>
詳しくは後で学習しますが、ついでに覚えてしまいましょう!(余裕がないなら、今は覚えなくてもいいです)
・第一文型:主語+動詞
・第二文型:主語+(be)動詞+補語
・第三文型:主語+動詞+目的語
・第四文型:主語+動詞+目的語1+目的語2
・第五文型:主語+動詞+目的語+補語

これらの形をしっかり覚えておきましょう!
英語ではすべて「主語+動詞」となっているので、覚えやすいですね!

文型の練習問題

練習問題です。

練習問題1

下の文から主語、動詞、目的語、補語を見つけて、第何文型か答えてください。
1.彼は彼女に人形をあげた。
2.あのひとは、彼の父親です。
3.彼は手紙を書いた。
4.彼女はテニスをしている。
5.彼の兄は走っている。


文型の練習問題の解答

練習問題の解答です。

練習問題1

1.第四文型
・彼は → 主語
・彼女に → 目的語1
・人形を → 目的語2
・あげた → 動詞

2.第二文型
・あのひとは → 主語
・彼の父親 → 補語

3.第三文型
・彼は → 主語
・手紙を → 目的語
・書いた → 動詞

4.第三文型
・彼女は → 主語
・テニスを → 目的語
・している → 動詞

5.第一文型
・彼の兄は → 主語
・走っている → 動詞

前のレッスンに戻る!
つぎのレッスンに進む!

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る