目次

このレッスンでは、不定詞の名詞的用法について学習します。

1.動詞に「こと」をつけると名詞になる!
2.「動詞+こと」を英語になおしてみよう!
3.「動詞+こと」は主語、目的語、補語の位置にくる!
4.「動詞+こと」がある文を英語になおしてみよう!(第三文型)
5.「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第二文型)
6.少し難しい「動詞+こと」
7.少し難しい「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第三文型)
8.少し難しい「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第二文型)
9.不定詞の名詞的用法の練習問題1
10.不定詞の名詞的用法の練習問題1の解答
11.不定詞の名詞的用法の練習問題2
12.不定詞の名詞的用法の練習問題2の解答

スポンサード リンク


動詞に「こと」をつけると名詞になる!

人や物の名前などを「名詞」と言いました
たとえば、つぎのようなものがあります。



実は、ほかにも名詞があります。
「動詞+こと」です

(例) 泳ぐ(動詞)+こと = 泳ぐこと(名詞)

知らなければ覚えておきましょう!

「動詞+こと」を英語になおしてみよう!

人や物の名前などは、英単語を覚えていれば、簡単に英語になおせます。
では、「動詞+こと」は、どのように英語になおせばいいのでしょうか。
これには2つの方法があります。

・方法1→「to」を使う方法(不定詞の名詞的用法)
・方法2→「ing」を使う方法(動名詞)

このページでは、方法1を説明します。
というわけで「泳ぐこと」を英語になおしてみましょう。

「泳ぐ」は動詞ですね。
英語になおすと「swim」です。

では、「こと」はどのように英語になおせばよいのでしょうか。
結論から言うと「to」です。

・泳ぐ → swim
・こと → to

よって、「泳ぐこと」は「swim to」になると思いますか。
実は、日本語と英語では「語順」がちがいます。
英語ではtoを動詞の前にもってきて「to swim」とします。

・日本語:泳ぐ+こと
・英語:to(こと)+swim(泳ぐ)

to(こと)は動詞の前と覚えておきましょう!

使うこと 泳ぐこと 買うこと
使う + こと 泳ぐ + こと 買う + こと
use + to swim + to buy + to
to use to swim to buy

初めのうちはややこしく感じると思いますが、例を見て慣れてください。

「動詞+こと」は主語、目的語、補語の位置にくる!

例題を解いてみましょう。

例題1

「泳ぐことは楽しいです」の主語、動詞、目的語、補語を探してください。

何が楽しいのですか。
「泳ぐこと」ですよね。
「泳ぐことは」は主語です。

「泳ぐこと=楽しい」ですよね。
「楽しい」は補語です。

主語 補語
泳ぐこと 楽しい

「泳ぐこと」は主語の位置にきています。
ほかの例題も解いてみましょう。

例題2

「私は泳ぐことが好きです」の文の主語、動詞、目的語、補語を探してください。

誰が泳ぐことが好きなのですか。
「私」ですよね。
「私は」は主語です。

私は何が好きなのですか。
「泳ぐこと」ですよね。
「泳ぐことが」は目的語です。

残りの「好きです」は動詞です。

主語 目的語 動詞
私は 泳ぐことが 好きです

「泳ぐこと」は目的語の位置にきています。

まとめると、「動詞+こと」は、主語や目的語の位置にきました。
「動詞+こと」は名詞なので、名詞と同じ位置に来るのは当たり前の話ですね。


この話は難しいので、なんとなくわかる程度で構いません。


「動詞+こと」がある文を英語になおしてみよう!(第三文型)

それでは、不定詞の名詞的用法の例題を解いてみてください。
わからなくても、いきなり解説を読まずに、まずは、自分で考えることが大切です。

例題1

「私は、走ることが好きだ」を英語になおしてください。


まずは、主語、動詞、目的語等を見つけます。

主語 目的語 動詞
私は 走ることが 好きです

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 動詞 目的語
I(私は) like(好きです) ??(走ること)

「走ること」は、どのように英語になおせばいいのでしょうか。
「走る+こと」です。
よって「run+to」ですが、英語ではtoは動詞の前に持ってきました。
「to run」です。
といわけで、答えは「I like to run.」になります。


不定詞の名詞的用法と動詞のing形ニュアンスのちがいなどには、一切、ふれていません。正確な話は、英文法の参考書の「基本にカエル英語の本」で学習してください。


「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第二文型)

それでは例題を解いてください。

例題2

「教えることは難しい」を英語になおしてください。


まずは、主語、動詞、補語等を見つけます。

主語 補語
教えることは 難しい

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 補語
??(教えること) ??(=) difficult(難しい)

「教えること」は、どのように英語になおせばいいのでしょうか。
「教える+こと」なので「teach+to」ですが、英語では動詞の前にtoを持ってくるので「to teach」です。

また、「教えること」は「それは」で言い換えることができるので、be動詞は「is」を使います。

よって、答えは「To teach is difficult.」です。


先ほどと同様、不定詞の名詞的用法と動詞のing形ニュアンスのちがいなどには、一切、ふれていません。正確な話は、英文法の参考書の「基本にカエル英語の本」で学習してください。

スポンサード リンク


少し難しい「動詞+こと」

例題を解いてください。

例題

「英語を勉強すること」を英語になおしてください。


「こと」は「to」ですね。
では「英語を勉強する」の部分は、どのようにして英語になおせばいいのでしょうか。

「英語を勉強する」の前に「私は」をつけてみてください。

1.日本語の語順 → (私は) 英語を 勉強する
2.英語の語順 →(私は) 勉強する 英語を
3.英語になおす→(I) study English.

つまり「(私は)英語を勉強する」を英語になおすと、「(I) study English」となります。
ここから(私は)の部分を除いてみて下さい。
すると「英語を勉強する」の部分は「study English」だとわかります。

というわけで、「study English(英語を勉強する)+to(こと)」になります。
あとは、「to」は動詞の前にもってくれば、「英語を勉強すること」は、「to study English」になるのがわかります。
他の例を見てみましょう。

(例1)読むこと → to read
(例2)本を読むこと → to read a book
(例3)書くこと → to write
(例4)手紙を書くこと → to write a letter

はじめのうちは、かなりややこしく感じるかもしれませんが、問題を解いているうちに慣れてきます。

少し難しい「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第三文型)

それでは、例題を解いてみてください。

例題

「私は、本を読むことが好きだ」を英語になおしてください。


まずは、主語、動詞、目的語、補語を見つけます。

主語 目的語 動詞
私は 本を読むことが 好きだ

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 動詞 目的語
I(私は) like(好きだ) ??(本を読むことが)

「こと」は「to」ですね。
では「本を読む」の部分は、どのようにして英語になおせばいいのでしょうか。

「本を読む」の前に「私は」をつけてみてください。

1.日本語の語順 → (私は) 本を読む
2.英語の語順 →(私は) 読む 本を
3.英語になおす→(I) read a book

つまり「(私は)本を読む」を英語になおすと、「(I) read a book」となります。
ここから(私は)の部分を除いてみて下さい。
すると「本を読む」の部分は「read a book」だとわかります。

あとは、「to」は動詞の前にもってくれば、「本を読むこと」は、「to read a book」になるのがわかります。

よって、答えは「I like to read a book.」になります。

少し難しい「動詞+こと」を英語になおしてみよう!(第二文型)

それでは、例題を解いてみてください。

例題

「英語を教えることは難しい」を英語になおしてください。


まずは、主語、動詞、補語等を見つけます。

主語 補語
英語を教えること 難しい

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 補語
to teach English(英語を教えること) is(=)
主語である「英語を教えること」は「それは」で置きかえられるので、be動詞は、「is」を使います。
difficult(難しい)

よって、答えは、「To teach English is difficult.」になります。

不定詞の名詞的用法の練習問題1

それでは、英文法の練習問題を解いてください。

練習問題1

下の文を英語になおしてください。
1.使うこと
2.走ること
3.買うこと
4.泳ぐこと
5.勉強すること


練習問題2

下の文を英語になおしてください。
1.彼は泳ぐことが好きだ。
2.勉強することは難しい。
(難しい=difficult)


不定詞の名詞的用法の練習問題1の解答

それでは解答です。

練習問題1解答

1.to use
2.to run
3.to buy
4.to swim
5.to study


練習問題2解答

1.まずは、主語、動詞、目的語等を見つけます。

主語 目的語 動詞
彼は 泳ぐことが 好きです


次に、英語の語順になおして、英語になおすのでした。

主語 動詞 目的語
He(彼は) likes(好きです) to swim

よって、答えは、He likes to swim.です。

2.まずは、主語、動詞、補語等を見つけます。

主語 補語
勉強することは 難しい

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 補語
To study(勉強することは) is(=) difficult(難しい)

よって、答えは、To study is difficult. です。

不定詞の名詞的用法の練習問題2

では、練習問題を解いてください。

練習問題1

下の文を英語になおしてください。
1.英語を話すこと  (2通りの答え)
2.本を買うこと  (2通りの答え)
3.英語を勉強すること (2通りの答え)


練習問題2

下の文を英語になおしてください。
1.彼は英語を勉強することが好きだ。
2.英語を勉強することは難しい。
(難しい=difficult)


不定詞の名詞的用法の練習問題2の解答

練習問題の解答です。

練習問題1解答

1.to speak English、
speaking English
2.to buy a book、
buying a book
3.to study English、
studying English


練習問題2解答

1.まずは、主語、動詞、目的語等を見つけます。

主語 目的語 動詞
私は 英語を勉強することが 好きだ

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 動詞 目的語
He(彼は) likes(好きだ) to study English(英語を勉強することが)

よって、答えは、He likes to study English.です。

2.まずは、主語、動詞、補語等を見つけます。

主語 補語
英語を勉強することは 難しい

次に、英語の語順になおして、英語になおします。

主語 補語
To study English(英語を勉強することは) is(=) difficult(難しい)

よって、答えは、To study English is difficult. です。

前のレッスンに戻る!
つぎのレッスンに進む!

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る