目次

このレッスンでは、文の要素と品詞について学習します。ここは、重要です!

1.文の要素と品詞がわかれば英語がわかる!
2.名詞は、主語、目的語、補語に入る
3.名詞とセットで使われる形容詞(限定用法)
4.例題を通して形容詞の限定用法を理解しよう!
5.名詞とセットで使われる形容詞は、当然、名詞と同じ場所!
6.補語に入る形容詞もある(叙述用法)
7.STEP2では、名詞と形容詞に着目!
8.文の要素と品詞の練習問題
9.英文法の練習問題(形容詞)の解答

スポンサード リンク


文の要素と品詞がわかれば英語がわかる!

文は、主語、動詞、目的語、補語からできていました。
言い換えるならば、主語、動詞、目的語、補語というパーツ(部品)を組み立てれば、文ができるのでした。
わからなければ復習してくださいね!

文型 日本語 英語
第一文型 主語+動詞
(例)「猫が」「走っている」
主語+動詞
(例)「A cat(猫)」「is running(走っている)」
第二文型 主語+=+補語
(例)「彼は「先生」
主語+be動詞+補語
(例)「He(彼は)」「is(be動詞)」「a teacher(先生)」
第三文型 主語+目的語+動詞
(例)「私は」「野球を」「する」
主語+動詞+目的語
(例)「I(私は)」「play(する)」「baseball(野球)」

ここでは、主語、動詞、目的語、補語をもっと詳しく見ていきます。
かなり重要なところなので、しっかりと読んでくださいね!

スポンサード リンク


名詞は、主語、目的語、補語に入る

物や人の名前のことを名詞と言います。
※ほかにも名詞はありますが、ここでは割愛します。

(例)名詞の例
みかん、リンゴ、机、テレビ、本、車、犬、猫、マイク、ケンジ、花子

さて、名詞ですが、文の要素のどこにあると思いますか。
いきなり聞かれても、どういうことなのかよくわからないと思います。
じっくりと考えていきましょう!

さて、まずは、つぎの文から名詞を抜き出してください。

主語 目的語 動詞
マイクは ゲームを している

名詞は「マイク」と「ゲーム」ですね。
マイクとゲームは、主語、動詞、目的語、補語のうち、どこにありますか?
マイクは主語、ゲームは目的語にありますね。

このように、名詞は、主語と目的語に入ります。

つぎに、つぎの文から名詞を抜き出してください。

主語 動詞
太郎は 先生

名詞は「太郎」と「先生」ですね。
太郎と先生、主語、動詞、目的語、補語のうち、どこにありますか?
太郎は主語、先生は補語にあります。

このように、名詞は、主語と補語に入ります。

まとめます。

・名詞は、主語、目的語、補語に入る
・逆からいえば、主語、目的語、補語は名詞であることがある

今の段階では、「名詞は主語、目的語、補語に入ることがある」「主語、目的語、補語は名詞なのかなー」というくらいの理解で構いません。


「補語は名詞であることがある」ですが、「あることがある」となっているのは、必ずしもそうではないためです。現時点では気にしなくても構いません。


名詞とセットで使われる形容詞(限定用法)

駐車場に4台の車があったとします。



「駐車場から、車を持ってきてください」と頼まれたら、どの車を持っていきますか?

黄色い車を持っていけばいいのか、白い車を持っていけばいいのか、どの車を持っていけばいいのかわかりませんよね。
しかし、もし「赤い車」を持ってきてくださいと言われたら、「赤い車」を持っていけばいいとわかるのではないでしょうか。



つまり、「車(名詞)」だけでは、どのような車か具体的にはわかりませんが、「赤い」がつくことによって、どのような車か具体的にわかるようになるわけですね

「赤い」のように、どのような名詞(車)なのかを説明する語句を「形容詞」と言います。

(ポイント)
1.どのような名詞なのかを説明する語を「形容詞」と言います(形容詞の限定用法といいます)。
2.形容詞を見つけたら、< >でくくる癖をつけましょう。


「形容詞+名詞」のように、名詞とセットで使われる形容詞の用法を「限定用法」といいます。もちろん、この言葉を覚える必要はありません。参考書に出てくることがあるので書いているだけです。


例題を通して形容詞の限定用法を理解しよう!

それでは、例題を解いてください。

例題

(例文)「かっこいい青年」に着目してください。どのような「青年(名詞)」なのか説明している語(形容詞)を見つけてください。

どのような「青年」ですか?
背の高い青年ですか?
ドラムをたたいてる青年ですか?

違いますね。
「かっこいい」青年です。
だから、答えは「かっこいい」です。
かっこいいは、どのような青年(名詞)なのか説明しているので形容詞です。
「<かっこいい>青年」のように、形容詞をみつけたら、<>をつける癖をつけておくといいですよ!

名詞とセットで使われる形容詞は、当然、名詞と同じ場所!

名詞とセットで使われる形容詞ですが、文の要素のどこにあると思いますか。
いきなり聞かれても、どういうことなのかよくわからないと思います。
じっくりと考えていきましょう。

さて、まずは、つぎの文から「名詞と形容詞のセット」を抜き出してください。

主語 目的語 動詞
青い車が 黄色いタクシーを 追い抜いた

「青い(形容詞)+車(名詞)」と「黄色い(形容詞)+タクシー(名詞)」がありますね。
で、「青い(形容詞)+車(名詞)」は主語、「黄色い(形容詞)+タクシー(名詞)」は目的語にあります。

このように形容詞と名詞のセットは、主語と目的語に入っています。

つぎに、つぎの文から名詞と形容詞のセットを抜き出してください。

主語 補語
彼は 面白い先生

「面白い(形容詞)+先生(名詞)」がありますね。
で、「面白い(形容詞)+先生(名詞)」は補語にあります。

このように、名詞と形容詞のセットは、補語に入っています。

まとめます。

・名詞と形容詞のセットは、主語、目的語、補語に入っている
・逆からいえば、主語、目的語、補語は名詞と形容詞のセットであることがある

「あれ? どこかで読んだぞ?」と思いませんでした?

そうです。
先ほどの名詞の話と同じです。
名詞と形容詞はセットなので、名詞があるところに形容詞がくるのは当たり前の話ですね!


補語に入る形容詞もある(叙述用法)

「その花は美しい」という文に着目してください。

「〜しい」となっているのは形容詞です。
よって、つぎのようになります。

主語 補語
その花は(「花」は名詞) 美しい(「美しい」は形容詞

このように形容詞は、形容詞だけで補語に入ることもあります。


補語に形容詞が来るときの用法は「叙述用法」といいます。もちろん、この言葉を覚える必要はありません。参考書に出てくることがあるので書いているだけです。


STEP2では、名詞と形容詞に着目!

まとめます。
名詞は、主語、目的語、補語に入りました。
実際、「花子(名詞)」は主語の位置にありますよね。
※車も名詞です。目的語の位置にあります。

名詞と形容詞のセットは、名詞と同じく、主語、目的語、補語に入りました。
実際、「高価な(形容詞)+車(名詞)」は目的語の位置にあります。

主語 目的語 動詞
花子は 高価な車を 買った

文のパーツ(部品)は、主語、動詞、目的語、補語ですが、それらをもっとじっくりとみると名詞や形容詞なのですね!
それ以外もありますが、STEP2ではここまでの理解で構いません。

ちなみに、STEP2では、いろいろ学習していきますが、文の要素、名詞と形容詞に着目するとより英語が理解できるようになります。
そのためにこのページにあることは大切なので、しっかりと練習問題を解いてくださいね。

文の要素と品詞の練習問題

それでは、練習問題を解いてみましょう。
実際に練習問題を解かずに、練習問題と答えを見比べて、わかったつもりになる人がいますが、それはお勧めできません。
解答を見る前に一度自力で解いてみてください。その際、何かいらない紙に解答を書くといいですよ。

練習問題

文の要素を見つけてください。その際、形容詞があれば、形容詞に<>をつけてください。
1.彼は面白い本を買った。
2.彼は新しい車を売った。
3.私は赤い車を買った。
4.彼女は赤い車を持っている。
5.私は美しい少女を見た。


文の要素と品詞の練習問題1の解答

それでは、練習問題の解答です。

練習問題 解答

1.主語:彼は、目的語:<面白い>本を、動詞:買った
2.主語:彼は、目的語:<新しい>車を、動詞:売った
3.主語:私は、目的語:<赤い>車を、動詞:買った
4.主語:彼女は、目的語:<赤い>車を、動詞:持っている
5.主語:私は、目的語:<美しい>少女を、動詞:見た

前のレッスンに戻る!
つぎのレッスンに進む!

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る