目次

このレッスンでは、英語の「第二文型」について勉強します。

1.第二文型の文を英語になおしてみよう!
2.第二文型の文を英語にする練習をしよう!
3.第二文型の練習問題
4.第二文型の練習問題の解答

※当サイトでは、たとえば「主部」を「主語」などとしています。正確には違いますし、国文法(国語の文法)とはちがうところもありますが、わかりやすくするために「敢えて」このようにしているので、あらかじめ、ご了承ください。

第二文型の文を英語になおしてみよう!

このレッスンでは、第二文型の勉強をします。
早速、練習問題を解いてみましょう!

例題1

「私は医者です。」を英語になおしてください。



<ヒント>
・私は:I
・医者:a doctor

日本語を英語になおすコツです。

1.まずは、主語、動詞、目的語、補語を見つけます
2.次に、英語の語順になおして、それぞれを英語になおします

この手順で例文を英語になおしてみましょう!

1.まず主語、動詞、目的語、補語を見つけます。

「私は」は「主語」で、「医者」は「補語」です。
この文は「主語=補語」の関係がある第二文型の文ですね。
これはすでに学習しました。
※忘れていれば、以前のレッスンを読みなおしてください。

主語 補語
私は 医者

2.次に、英語の語順になおして、それぞれを英語になおします。

日本語は、「主語+=+補語」の語順です。
英語では、「主語+動詞+補語」の語順になります。
日本語と似ていますね。
で、この場合動詞に「be動詞」を使います。be動詞とはbeのことです)。
さて、英語の語順がわかったので、言葉を英語の語順に並べ替えて、あとは、それぞれを英語になおします。

主語 be(be動詞) 補語
私は 医者
I be a doctor

よって、答えは「I be a doctoer.」としたいところですが、間違いです。
なぜなら、beの形を変えないといけないためです。
be動詞は、つぎのように主語によって色々姿を変える八方美人なヤツなので、beの形のままだと間違いになってしまうのです。

(例1)主語が「私は(I)」のときは、beは「am」に形を変える
(例2)主語が「あなたは(you)」のときは、beは「are」に形を変える

どのように形を変えるのか、下にまとめました。
この表は、覚えるしかありませんので、しっかり覚えておいてくださいね。

元のかたち(原形) be
1.主語が、「私は(I)」のとき 1.am
2.主語が、「彼は(he)」「彼女は(she)」「それは(it)」「あれは(that)」「これは(this)」のとき 2.is
3.主語が、「あなたは(you)」のとき 3.are

例文では、主語は「私は(I)」なので、beは「am」ですね。
よって、答えは「I am a doctor.」になります。


<第二文型を英語になおす方法>
1.主語、動詞、目的語、補語を見つける。
2.英語の語順になおして、それぞれを英語になおす。
・日本語の語順 : 主語+=+補語
・英語の語順 : 主語+be+補語
・be動詞は主語によって形を変える(上記の表をしっかりと覚える)。

スポンサード リンク


第二文型の文を英語にする練習をしよう!

それでは例題を解いてみましょう!
例題を解くときは、上記にあるbe動詞の表を見てもいいですが、この表は重要なので、しっかり覚えてから例題を解くことをお勧めします!

例題2

「中山さんは医者です」を英文になおしてください。



<ヒント>中山さん;Mr.Nakayama

日本語を英語になおすには、2つのステップをふめばいいのでした。
というわけで、ここでは2つのステップをふみながら、英語になおしてみます。

1.「主語」「補語」などをみつける。

・主語 → 中山さんは
・補語 → 医者

2.英語の語順になおして、それぞれを英語になおす。

主語 be(be動詞) 補語
中山さんは 医者
Mr.Nakayama be a doctor

beは「is」「am」「are」のどれを使ったらいいのでしょうか?
「中山さんは」は、「彼は」に置きかえられますね。
だから、「is」を使います。
よって、答えは「Mr.Nakayama is a doctor.」です。
手順を覚えれば、簡単に英語になおせるようになりますね!

スポンサード リンク


第二文型の練習問題

それでは、第二文型の練習問題を解いてみましょう。

練習問題1

下の文を英文になおしてください。
1.私は先生です。
2.彼はマイクです。
3.あなたは生徒です。
<ヒント>
1.私は:I  先生: teacher 
2.彼は:he  マイク:Mike
3.あなたは:you  生徒:a student


第二文型の練習問題の解答

解答です。

練習問題1解答

1.私は先生です。
まずは、主語、動詞、目的語、補語を見つけます。

主語  = 補語
私は 先生

次に英語の語順になおして、それぞれを英語になおします。

主語 be動詞 補語
私は
I

am
先生
a teacher

よって、答えは、「I am a teacher.」になります。

2.彼はマイクです。

まずは、主語、動詞、目的語、補語を見つけます。

主語  = 補語
彼は マイク

次に英語の語順になおして、それぞれを英語になおします。

主語 be動詞 補語
彼は
He

is
マイク
Mike.

よって、答えは、「He is Mike.」になります。

3.あなたは生徒です。

まずは、主語、動詞、目的語、補語を見つけます。

主語 補語
あなたは 生徒

次に英語の語順になおして、それぞれを英語になおします。

主語  be動詞 補語
あなたは
You

are
生徒
a student.

よって、答えは、「You are a student.」になります。

前のレッスンに戻る!
つぎのレッスンに進む!

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る