目次

このレッスンでは、動名詞について学習します。

1.動名詞とは、動詞のing形
2.動詞をing形にする方法(復習)
3.簡単な動名詞の英作文!
4.少し難しい動名詞を英語になおしてみよう!
5.少し難しい動名詞の英作文!
6.動名詞と現在進行形のちがい

スポンサード リンク


動名詞とは、動詞のing形

「動詞」に「こと」をつければ名詞になるのでした。

(例)走る(動詞)+こと → 走ること(名詞)

英語では、動詞の前に「to」をつければ、名詞になるのでした。

(例)run(動詞)+to(こと) → toを動詞の前に! → to run(名詞)

実は、動詞をing形にしても「〜すること(名詞)」になります。
少し、わかりにくいと思うので、例をあげてみます。

・走る(動詞) = run
・走ること(名詞) = to run
・走ること(名詞) = running

つまり「〜すること」は、「to+動詞」でも「動詞のing形」でも表せます。


不定詞の名詞的用法と動詞のing形ニュアンスのちがいなどには、一切、ふれていません。正確な話は、英文法の参考書の「基本にカエル英語の本」で学習してください。


動詞をing形にする方法(復習)

動詞をing形にする方法は、現在進行形のところで学習しました。
まとめておきますので、忘れていれば、今、しっかり覚えてください。

【原則】動詞にそのままingをつけるだけ
(例)play → playing、read → reading

【例外1】eで終わる動詞の場合、eをとってingをつける
(例)make → making、take → taking、use → using、write → writing

【例外2】「短母音+子音字」で終わる動詞の場合、子音字を重ねて ing をつける
(例)run → running、stop → stopping、drop → dropping

【例外3】ieで終わる動詞は、ieをyに変えてing をつける
(例)lie → lying、die →die → dying


最低限、ここの例に出てきた動詞のing形はしっかり覚えるようにしましょう。


簡単な動名詞の英作文!

例題を解いてください。

例題

「私は料理をすることが好きです」を、英語になおしてください。
※動名詞を使ってください。

まず主語、動詞、目的語、補語などを見つけます。

「誰が」料理をすることが好きなのですか?
そうですね。「私」ですよね。
つまり、主語は「私は」です。

私は「何が」好きなのですか。
そうですね。「料理をすること」です。
つまり、目的語は「料理をすること」です。

残りの「好きです」は動詞です。

主語 目的語 動詞
私は 料理をすることが 好きです

英語の語順にして、それぞれを英語になおします。

主語 動詞 目的語
I(私は) like(好きです) ??(料理をすることが)

「料理をすること」は「cooking」ですよね。
よって、答えは「I like cooking.」となります。

少し難しい動名詞を英語になおしてみよう!

例題を解いてください。

例題

「公園で走ること」を英語になおしてください。
※動名詞で英語になおしてください。

「こと」を手で隠してみてください。
「公園で走る」ですね。
まずは、これを英語になおします。どのようになると思いますか。

英語にしにくいと感じると思いますが、それは主語がないためです。
そこで、「あなたは」と主語を勝手に加えてみます。

(あなたは)公園で走る

これだと英語になおせますね。
※「公園で」は「in the park」で文末に持っていきます。

主語 動詞 前置詞句
(You)(あなたは) run(走る) in the park(公園で)

「(You)run in the park.」です。
ここから勝手に加えた「あなたは」を取り除くと「公園で走る」は「run in the park」だとわかります。
あとは動詞をing形にすれば「こと」になるので、答えは「running in the park」です。

少し難しい動名詞の英作文!

例題を解いてください。

例題

「私はテニスをすることが好きです」を、英語になおしてください。
※動名詞を使ってください。

まず主語、動詞、目的語、補語などを見つけます。

「誰が」走ることが好きなのですか?
そうですね。「私」ですよね。
つまり、主語は「私は」です。

私は「何が」好きなのですか。
そうですね。「テニスをすること」です。
つまり、目的語は「テニスをすること」です。

残りの「好きです」は動詞です。

主語 目的語 動詞
私は テニスをすることが 好きです

つぎに、英語の語順になおして、それぞれを英語になおします。

主語 動詞 目的語
I(私は) like(好きです) ??(テニスをすることが)

「テニスをすること」は「playing tennis」ですよね。
よって、答えは「I like playing tennis.」となります。

動名詞と現在進行形のちがい

例題を解いてください。

例題

「I am running in the park.」を日本語にしてください。

「あ、さっき出てきたやつだ! running in the parkは『公園で走ること』じゃないの?」と思ったひともいるかもしれません。

しかし、そのようにしてしまうと「私は公園で走ることです」という意味になってしまいます。
おかしいですよね。

実は、これは前のレッスンで学習した現在進行形です。
「〜しているところだ=be 動詞+動詞のing形」でしたね。
よって、例題は「私は公園で走っている」となります。

さて、ここで「どのようなときに現在進行形なの? 動名詞なの? 区別する方法はないの?」と思ったかたもいるかもしれません。そこで詳しく見ていきます。

つぎの2つの文の主語、動詞、目的語、補語を探してみます。
(ア)I am running in the park.
(イ)I like running in the park.

まずは(ア)。

主語 動詞 前置詞句
I(私は) am running(走っている) in the park(公園で)

動詞のing形は、be動詞とセットで「動詞」に入っています。
つぎに、(イ)。

主語 動詞 目的語
I(私は) like(好きです) running in the park(公園で)

動詞のing形は「目的語」に入っています。またbe動詞はありません。

というわけで、以下です。

・「be動詞+動詞のing形」で、動詞の位置にある→「〜しているところだ」
・「動詞のing形」で、主語、目的語、補語にある→「〜すること」

ちなみに、目安として、be動詞があれば「〜しているところだ」、be動詞がなければ「〜すること」となると覚えておくのもいいと思いますが、これに当てはまらない場合もあります。
たとえば、以下。

(ア)He is playing tennis.
(イ)My hobby is driving a car.

両方とも「be動詞+動詞ing」の形になっていますが、(ア)は「〜しているところ(現在進行形)」ですし、(イ)は「〜すること(動名詞)」です。
ややこしいですね!


ここは英文を読んでいると、自然とできるようになるので安心してください。

前のレッスンに戻る!
つぎのレッスンに進む!

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る