カエルと学ぶ!わかりやすい英文法

「英語がわからない…」「かんたんな英会話はできるけど、すこしでも難しくなるとわからなくなる…」という、英語の初心者に向けて、英語をわかりやすく解説しているサイトです。
当サイトの特徴は以下です。

・かわいいカエルと一緒に学習できる!
・ほかでは教えてくれない「基本中の基本」から、ていねいに解説!
・スパイラル方式なので、理解が深まる!
・『基本にカエル英語の本』の著者が運営!

スパイラル方式とあるように、以下の3つのSTEPになっています。

<STEP1>
1.文の要素について勉強しよう!
1−1.文の要素とは、どのようなものなのかについて知ろう
1−2.文の要素を、どのように並べれば文になるのかについて勉強しよう
1−3.たったこれだけで、もう英語が書ける!
1−4.練習問題を解いてみよう!

<STEP2>
2.文の要素を詳しく見ると、もっと英語ができるようになる>
2−1.品詞について知ろう!
2−2.主語と目的語などに着目してみよう!
2−3.動詞に着目してみよう!

<STEP3>
3.【STEP3】もっと難しい文を英語になおしてみよう!
3−1.【STEP3】主語、目的語、補語に着目しよう!
3−2.【STEP3】動詞に着目しよう!

まずは、STEP1から学習しましょう!

【STEP1】文の要素について勉強しよう!

車は、さまざまな「パーツ(部品)」からできていますが、それと同じです。
文も、さまざまなパーツからできています。
STEP1では、文はどのようなパーツ(部品)からできているのか、それらをどのように組み立てればいいのかについて学習します。

【STEP1】文の要素とは、どのようなものなのかについて知ろう

文のパーツ(部品)とは、「主語」「動詞」「目的語」「補語」のことです。「文の要素」とも呼ばれています。
ここでは、文の要素がどのようなものなのか、ていねいに解説します。

「主語」とは何なのかを、ていねいに解説しています。ちなみに、主語は文の要素の1つです。
主語
「目的語」とは何なのかを、ていねいに解説しています。ちなみに、目的語は文の要素の1つです。
目的語
「動詞」とは何なのかを、ていねいに解説しています。ちなみに、動詞は文の要素の1つです。
動詞
「補語」とは何なのかを、ていねいに解説しています。ちなみに、補語は文の要素の1つです。
補語


【STEP1】文の要素を、どのように並べれば文になるのかについて勉強しよう

パーツ(部品)を組み立てると車ができるのと同じです。
パーツ(部品)である、文の要素を並べると文になります。ただ、並べ方が決まっています。
ここでは、文の要素をどのように並べればいいのか、「文型」について学習します。

文の要素の並べ方は英語では5種類あります。どのようなものなのか、いきなり英語で解説すると難しいので、まずは日本語で解説します。
文型は5種類!まずは日本語で考えよう!
「第一文型」とは何なのかを、ていねいに解説しています。
第一文型
「第二文型」とは何なのかを、ていねいに解説しています。
第二文型
「第三文型」とは何なのかを、ていねいに解説しています。
第三文型


【STEP1】たったこれだけで、もう英語が書ける!

今までのレッスンをしっかり学習すれば、もう簡単な英作文ができるようになります。「嘘でしょ?」と思うのならば、当サイトで学習してみてください!

かんたんな文を英語になおしてみましょう!
簡単な英作文


【STEP1】練習問題を解いてみよう!

練習問題です。解いてみてください。

文型(日本語)の練習問題です。
文型(日本語)の練習問題
文の要素の練習問題です。
文の要素の練習問題
簡単な英作文の練習問題です。
簡単な英作文の練習問題


【STEP2】文の要素を詳しく見ると、もっと英語ができるようになる!

つぎの2つがわかれば、かんたんな英作文ができるようになりました。

・文の要素(主語、動詞、目的語、補語)とは何か?
・文の要素をどのように並べればいいのか?

STEP2では、もうすこし難しい文に挑戦してみます。

【STEP2】品詞について知ろう!

文の要素とは、一体、何なのか、すこし詳しく学習します。具体的には、品詞について学習します。

品詞のことを知らないと「一体、何を勉強しているんだろう?」となります。そこでここでは品詞について学習します。
文の要素と品詞

【STEP2】動詞に着目してみよう!

以下のように動詞の形を変えると、文の意味も変わります。

私はテニスをする
→彼はテニスをしている
→「する」が「している」の形に変わっている!

ここでは、動詞をどのように変えれば、どのような意味になるのかなどについて学習します。

日本語では「私はテニスをする」でも「彼はテニスをする」でも同じ「する」ですが、英語では形が変わります。どのように形を変えるのかについて学習します。
三人称単数現在
「私はテニスをしている」の「〜しているところ」をどのように英語になおせばいいのかを、ていねいに解説しています。
現在進行形
「私はテニスをした」の「〜した」をどのように英語になおせばいいのかを、ていねいに解説しています。
過去形
「私はテニスをすることができる」の「〜することができる」をどのように英語になおせばいいのかを、ていねいに解説しています。
助動詞

時制についてのまとめもあります。

時制についてまとめています。
時制のまとめ


【STEP2】主語と目的語に着目してみよう!

主語と目的語に注目してください。

私は彼を見た。

「私は」「彼を」はどのように英語になおせばいいのでしょうか。
つぎのレッスンで学習します。

「彼を」「彼女は」「それは」のような代名詞を英語になおす方法を解説しています。
代名詞


【STEP3】もっと難しい文を英語になおしてみよう!

STEP3では、もっと難しい文を英語になおす方法を学習します。
STEP2と同じく、文の要素に着目します。

【STEP3】主語、目的語、補語に着目しよう!

「野球をすることは面白い」の文の主語は「野球をすることは」、補語は「面白い」です。
「面白い」は英単語を覚えていれば英語になおせますが、「野球をすることは」は英語になおせません。
そこで、ここではつぎのことを勉強します。

「〜すること」をどのように英語になおすのかについて、ていねいに解説しています。
不定詞の名詞的用法
こちらも「〜すること」をどのように英語になおすのかについて、ていねいに解説しています。
動名詞


【STEP3】動詞に着目しよう!

つぎのように動詞の形を変えると、いつの話なのかが変わります。

(ア)(時計を)なくした → 過去の話
(イ)(時計を)なくすでしょう → 未来の話

STEP3でも、それについて勉強します。

「私はテニスをしていた」の「〜していた」をどのように英語になおせばいいのかを、ていねいに解説しています。
過去進行形
「〜してしまった」「ずっと〜している」「〜したことがある」をどのように英語になおせばいいのかを、ていねいに解説しています。
現在完了形

カエルと学ぶ!わかりやすい英文法のトップページに戻る